Archive for 5月, 2018

第1回キルト時間フェスティバルin横浜 2018

木曜日, 5月 31st, 2018

BERNINAブースにてたしか…2014年から4年? 主催が株式会社読売情報開発に変わり横浜にキルトの祭典が戻って来ました〜 すばらしい作品がいっぱい「こんなに見せてもらえるの??」なんてちょっと遠慮しちゃうくらいの充実

大好きベルニナミシンも125周年 初期モデルのカワイイこと
125周年を祝って24Kコーティングの#1フットが発売されてるんだって〜(あんがい1番は使いませんね 96

22

マリン&ウォークからの夕日
本日 曇り空が幸いしましてきれいな夕陽です 刻々と変化する空

これから美味しい食事と楽しいおしゃべりタイム

クリニックきら〜い

金曜日, 5月 25th, 2018

ジロッ心臓肥大なので 咳が心配… 最近 咳が続いてしまって

今日のところは心音の雑音なくきれい 食欲もあり熱もなし
それより 毛玉を叱られてしまった 24 毛玉が大きくなると皮膚が引っ張られるし 毛玉の下の皮膚の健康状態に悪影響 早速 サマーカットの予約をして そのときに血液検査とエコー診断を予定

心臓肥大の進行が少しでも少ないことを祈ります

横目でジロリ
(ぼくのお世話をしている人〜 心配し過ぎなんだよーぼく大丈夫だよ)

燕子花 & 燕子花

金曜日, 5月 11th, 2018

燕子花&燕子花久しぶりに一緒にお出掛け 幼なじみで家も近いのにね(もっと遊んでおくれよ〜ん)

すぐに日が過ぎてしまうから早めに予定しよう!と言っておいて 気がついたらもう終わっちゃうとバタバタ待ち合わせ 渋谷駅の乗り換えはむずかし〜い

良いお天気と終了間近とのこともあって平日なのに大盛況
超売れっ子「燕子花図屏風」がど〜んとお出迎え(しっかし根津は暗いね〜) いままで光琳ばかりを見てきたけど乾山の才能と憂いと兄を思う気持ちに触れた…そんな今までと違う光琳&乾山Brothersでした

「庭の燕子花は盛りを過ぎました」と案内があったけど 満足満足
緑を抜ける風は旅に来ているみたいですっごく得した気分
カフェでのお昼も美味しかった (バンザイ)

22

帰り道 ラデュレがあったので自分土産を購入!と迷いに迷っていたら 「外で待ってるね」なんて えっ?そっ? なんて 後で聞いたら「女の子らし過ぎるお店で気恥ずかしくて 居たたまれなくなった」なんて言うんだよ〜 彼女の方がよっぽど内装にぴったりなのに

楽しみに箱開けたら 1番ワクワクの「ミュゲ/すすらん」が入っていなかった〜 シーズンフレーバーなのにね ションボリ

長谷川等伯に溶け込みたい

木曜日, 5月 3rd, 2018

休日の上野

ええ〜 前期のみ? 全期展示と勝手に思い込んでました 急がなきゃ

目当てはただひとつ 「松林図屏風/長谷川等伯」

『等伯』上下巻で直木賞を受賞した阿部龍太郎氏の「愛と鎮魂の境地…」とのコメントを聞いてから今までの何百倍も心惹かれる1枚 松林図屏風

心が変わると映り方がこれ程に違うんだね〜びっくり 鎮魂とは… 死者の魂をなぐさめ しずめること 私には自身を包み なぐさめてくれるそんな感覚

Canon 綴プロジェクト 松林図屏風(長谷川等伯)

初心者なので右隻第四扇の斜め右後方から見つめるのが好き
いつまでもいつまでも見ていたかった 名残惜しい 

22

日光東照宮があまりにも遠いので上野東照宮へ
透塀の彫刻がすばらしく(上段に野山の動物と植物 下段には海川の動物 200枚以上 立ち入り禁止で見ることが出来ない彫刻もあります…残念) 『有名な日光の彫刻よりも間近で見ることが出来ていいかも』
なんて負け惜しみ半分 痛恨のiPhone忘れ 時間も分からず思い出の1枚も撮れず… 重ねて残念だった

アイシングがかわいいキレイなお煎餅を発見したので お土産にひとつ